MENU

カードローンを返済遅延するとどうなるか

カードローンは、発行されたカード一枚を持ってATMに行けば自由に借り入れすることができるとして、非常に便利な存在です。確かに借り入れができる点は優れていますが、借り入れたら必ず月一回の割合で支払いが発生するのが一般的となります。
仮にその返済を延滞した場合にはローン会社により対応方法が違ってきますが、原則として書面によって入金の督促状が送付されます。それと併せて電話がかかってくるケースもありますが、大手のカードローン会社では比較的に稀で、ほとんどが書面による通知です。
それと契約する時などの規約によって遅延損害金が決められていますが、それが次回の支払日に加算されて請求されることとなります。この遅延損害金は返済遅延のためのペナルティ的な扱いとなり、通常の利息とは別にかかってしまう迷惑料の様な存在です。
大抵はそれは利率形式で表示され、利息制限法でも借入金額に応じて最高が決まっており、それをそのまま規約としている金融会社も多いです。たまに銀行などの金融機関によっては、最高としないで借入利率と同じとしている場合もあります。
なおそれは返済遅延した日数分から計算された利息となり、日数が多くなれば多くなるほどその負担が重くなる制裁を受けます。また一回でも延滞するとカードローンからお金を借りることができなくなり、利用再開まではある程度の日数がかかるケースも存在します。
従って、返済遅延すると通常通りに利用することが出来なくなるケースもありますので、注意を要します。